青汁で便秘が改善

小学生の頃から便秘気味で辛い思いをしてきました。

食生活を見直すことで一時は改善しましたが、社会人になると同時に再び便秘に悩まされるようになりました。

恐らく理由は不規則な勤務です。

夜勤もある3交代制なので、生活のリズムが狂うことでお腹の調子が悪くなっていると思います。

職場には私以外にも便秘や下痢で悩まされている人が大勢いました。

朝食の時間が不規則だったのが一番の要因だと思いましたが、毎日出勤時間が違うので、どうしても同じ時間に食べるのは難しい環境でした。

何か良い方法がないかとインターネットで調べていると青汁を飲んで改善する人が多いことを知りました。

昔から父が飲んでおり、私もたまに飲んでいたので味や飲み方は理解していました。

健康に良いというのは知っていましたが便秘にも効くとは思いませんでした。

早速インターネットで注文して飲み始めました。

味はさらに飲みやすくなったように感じました。

昔は不味い飲み物の代名詞でしたが、それはもう過去の話です。

飲み始めて1週間も経たずに効果が実感できました。

何しろ飲んでから毎日便通がありました。

それまでは1週間に2回程度だったので、その効果に驚きです。

改善してくると飲み忘れてしまうこともあったのですが、1日でも飲まないと便秘気味になります。

治ったわけではなく青汁に助けられてると思い知らされました。

今では飲み忘れることもなくなり、お腹の調子は非常に良いです。

青汁のニキビへの効果

女性の肌の悩みできになるのがニキビです。

ポツッとできていると鏡を見たときに憂うつになりませんか。

美容目的で青汁を飲んでいる女性もいるようですが、青汁はニキビにも働きかけるのでしょうか。

大人ニキビの原因が毛穴のつまりです。

角質が肥厚して毛穴がふさがれ、毛穴の内部に皮脂がたまってニキビとなります。

たまった皮脂をもとにアクネ菌が繁殖すると、炎症を起こして悪化します。

ターンオーバーの周期が乱れると古い角質がたまって毛穴がふさがれてしまうのですが、ターンオーバーを乱す原因の一つが栄養不足です。

忙しくて食事がおろそかになったり、外食が多くなったり、ダイエットのために食べなかったりといったことで栄養が不足しています。

現代人は野菜が不足しています。

栄養補給に役立つのが青汁です。

中でもニキビによい栄養素がビタミンB2です。

ビタミンB2には皮脂分泌をコントロールする働きがあり、皮脂を抑制してニキビができにくい肌を整えます。

肌代謝を整えてもくれます。

ビタミンB2はビタミンB6と組わせる効果的です。

ビタミンB6はカツオやマグロに多く含まれています。

青汁は栄養価が高いですが、不足している栄養素もあるので、いろいろな食品と組み合わせて摂るようにしましょう。
関連 青汁でニキビ解消!

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク