便秘解消効果に、青汁はいかが?

かつては薄味で飲みにくいイメージの強かった青汁ですが、現在ちまたで販売されている青汁は大麦若葉やヨモギなどを取り入れ、飲みやすく改良されて、多くの人々のあいだに広まっています。

ところで青汁には便秘解消効果があることをご存じでしょうか。

青汁は栄養価の高い商品として広く知られていますが、中でも青汁の元祖であるケールは、食物繊維を数多く含んでいるんです。

また青汁の材料として知られる大麦若葉や明日葉にも、食物繊維は豊富に含まれています。

食物繊維は腸内に溜まった老廃物や毒素を排出し、さまざまな病気から私たちの体を守ってくれます。

また腸の動きを活発にし、腸内環境を改善する働きがあります。

また食物繊維は善玉菌を増やす役割を果たしてくれるため、便通改善に非常に効果的なのです。

飲むタイミングとしては、就寝前が推奨されます。

これは就寝中に食物繊維が体内に吸収され、腸内環境を整えるからです。

便秘解消を目指す場合、必ず寝る前に飲むようにしましょう。

また、青汁を飲むとお腹を下したりする人もいますが、これは飲みすぎであるケースが多いです。

決められた摂取量を守り、自分にとって適した量を飲むようにしましょう。

トマトジュースに青汁を混ぜる方法

毎日のように青汁を飲むと健康効果を維持することができるので実践している人が多くいますが、青汁を飲むために様々なアレンジをしています。

基本的には青汁は水で溶かして飲むのですが、それだと青汁の苦みをそのまま実感する事になります。

慣れてくると苦くても飲めるようになりますが、やはり好きでもない味を毎日味わうのは避けたいと考える人が多いのです。

トマトジュースが好きな人の場合には、トマトジュースにそのままトッピングすると大幅に苦みを抑えることができます。

または、グレープフルーツジュースに混ぜる方法であったり、アップルジュースも効果的です。

ただし、これらのフルーツドリンクに関しては糖分の割合が多いので、毎日ある程度の糖分を摂取し続けると肥満の可能性をたためてしまいます。

これを避けるためにカロリーを抑えながらうまく青汁を飲むためのレシピが考案されています。

最も効果的なのは苦み成分をコーティングしてくれる乳脂肪を利用する方法です。

簡単なのがきなこ牛乳であり、牛乳の脂肪分がコーティングしてくれるので、苦みを大幅に減らすことが可能になります。

そして、青汁を粉末の状態で食事やスイーツなどに振りかけるという方法も効果的です。

様々な方法で自分に合った青汁の摂取方法を見つけるのも楽しみの1つなのです。
関連 青汁とグリーンスムージーの違い

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク